BMIとは

BMI (Body Mass Index=ボディ・マス・インデックス)とは、疫学調査に基づき、最も病気になりにくい方の数値を算定し、示すものです。
見た目が痩せているとかキレイとか、そういったことの指標ではなく、健康であるかどうかの判断基準になります。
一方で、病気になりやすい状態も浮かび上がってくる重要な指標ですので、ご自分のBMIを知っておくことは有効と言えるでしょう。
BMIは大人用。子どもは計算方法が違います。

BMIの見方

この数値は、22が標準とされます。
疫学調査によって、病気になりにくい標準体重が示されています。
標準体重(㎏)=身長(m)2×22
身長が165cmの方なら、1.65×1.65×22=59.895㎏となります。
↑体重が59.895㎏の人は身長が165cmの場合が一番病気になりにくい、 または、
身長が165cmの方は、体重が59.895㎏の場合が一番病気になりにくいということです。
22が一番良いということですが、この式に、実際の身長・体重を当てはめてみると、
逆に導き出される数値、これがあなたのBMIなのです。
BMI=体重(㎏)÷身長(m)2
1999年に日本肥満学会が示した指標によると、22を基準として、

•18.5未満 = 痩せ
•18.5~25 = 普通
•25~30 = 肥満Ⅰ
•30~35 = 肥満Ⅱ
•35~40 = 肥満Ⅲ
•40~∞ = 肥満Ⅳ

となっております。
調査での結果分かったことは、この数値が高いと生活習慣病に罹りやすいということ。
数値が25を超えてしまうと、通常よりも高血圧の発症率が2倍になります。
数値が27を超えてしまうと、通常よりも糖尿病の発症率が2倍になります。
数値が29を超えてしまうと、通常よりも高コレステロール血症の発症率が2倍になります。
肥満は体に良くないような気がする・・・ ではないのです。
肥満は危険なのです。 他にも胆石や肝硬変など、のきなみ普通の方よりも病気にかかる率は高いのです。
ただし、これは指標であって、全ての方に当てはまるわけではありません。
骨格や筋肉の違いなどによって、ベストな体重は変化して当然です。
ただしBMIの数値が極端に大きい方は、早めの対処が必要と言えるでしょう。