メタボについて

平成20年4月より始まった医療制度改革の中に含まれる身近な事項の一つに特定保険指導の対象者が示されています。
ここでメタボリックシンドロームの基準が示されたといえます。
メタボリックシンドローム=動脈硬化性疾患(心筋梗塞や脳梗塞など)の危険性を高める複合型リスク症候群

特定保険指導の対象者

特定健康診査(下の緑枠で解説)の結果により健康の保持に努める必要がある者が対象者となる。
特定健康診査の結果により健康の保持に努める必要がある者とは、特定健康診査の結果、腹囲が85cm以上(男性)・90cm 以上(女性)の者、または腹囲が85cm 未満(男性)・90cm 未満(女性)の者でBMIが25 以上の者のうち、血糖(空腹時血糖が100mg/dl 以上、またはHbA1cが5.2%以上)・脂質(中性脂肪150mg/dl 以上、またはHDL コレステロール40mg/dl未満)・血圧(収縮期130mmHg 以上、または拡張期85mmHg以上)に該当する者(糖尿病、高血圧症または脂質異常症の治療に係る薬剤を服用している者を除く)である。
次の図表にあるように、追加リスクの多少と喫煙歴の有無により、動機付け支援の対象者となるのか積極的支援の対象者となるのかが異なる。
なお、腹囲の測定に代えて内臓脂肪面積の測定(CTスキャン等で測定した腹部の断面画像にて内臓脂肪の占める断面積)を行う場合には、「腹囲が基準値以上の者」は「内臓脂肪面積が100平方cm 以上の者」と読み替える。

特定健康診査とは

医療保険者(国保・被用者保険)加入者のうち、特定健康診査の実施年度中に40~74歳となる者で、かつ当該実施年度の一年間を通じて加入している者(年度途中での加入・脱退等異動のない者)。
なお、妊産婦その他の厚生労働大臣が定める者(刑務所入所中、海外在住、長期入院等告示で規定)は、上記対象者から除く(年度途中での妊娠・刑務所入所等は、異動者と同様に、対象者から除外)。
単純にメタボリックシンドロームの基準を抜き出すと以下のようになります。

必須項目 いずれか2項目以上該当
内臓脂肪 血糖値 血清脂質 血圧
BMIの値
25以上

又は

ウエスト周囲径
男性:85㎝以上
女性:90㎝以上
空腹時血糖値
110mg/dL以上
中性脂肪値
150mg/dL以上

又は

HDLコレステロール値
40mg/dL未満
収縮期血圧
130mmHg以上

又は

拡張期血圧
85mmHg以上

ここまで規定されると、メタボメタボと気楽に言っていられない状況。
メタボ=生活習慣病の予備軍と言えます。
全国的にはメタボ対策医薬品の売り上げは2月から高まってゆき7月がピークを迎えます。
露出の予感~露出まで・・・ コレが現実。
漢方系が人気ですが、合う合わないもあります。
例えば防風痛聖散。いくつかのメーカーから発売。
名前を変えてみるとブレイク!! 薬としてはあっていいことなのか・・・
虚証の方(虚弱体質など)には向きません。
薬ですので副作用が示されます。
試すにしても、運動や食事の適正化を併せて行った方がいいと思います。